クラウドビジネスの生産性のセキュリティとコンプライアンスを確保する

Microsoft Office 365は日常的に使用されていますが、保管されている情報はどの程度セキュリティで保護されているか、誰がその情報にアクセスできるかについて考えたことはありますか? SailPointとOffice 365の統合により、ポリシーベースのアクセス管理を使用して、これまでにないセキュリティとコンプライアンスを実現することができます。

  • アクセスを自動化してコストを削減し、生産性を向上
  • 機密データへのアクセスを検知して保護する
  • 監査レポートでコンプライアンスを実証する

Office 365アクセスを管理する

Office 365の例

SailPointはどのようにOffice 365と統合されますか?

SailPointは、ユーザー、グループ、エンタイトルメントをインポートして、Office 365アクセスを完全に管理することができるようにします。

ポリシーベースのアクセス管理

Office 365のユーザー、グループ、およびエンタイトルメントを集約する

完全なOffice 365ガバナンス

ポリシーにより、アクセスの制御を強化し、セキュリティとコンプライアンスを向上させることができます

SailPointでできること:

アクセス許可を適切に管理する

誰が何にアクセスすることができるかを定期的に分析することで、セキュリティリスクを軽減し、コンプライアンスを維持することができます。

データの可視性を高める

Office 365 に存在する機密データを見つけるために事前に設計された、すぐに使えるポリシーでデータを識別し、分類します。

アクセス
承認プロセスを合理化する

アクセス要求とプロビジョニングを自動化して、Office 365のユーザー、サイト、グループ、エンタイトルメントの管理をこれまでにないほど簡単かつ迅速にします。

不適切な
アクセスの監視

Office 365やその他のクラウドやオンプレミスのアプリケーションにおけるユーザーのアクセス行動パターンを監査し、レポートします。

ハイブリッド環境をサポート

SailPointを使用すれば、アプリケーションやデータがデータセンター内にあるかクラウド内にあるかに関わらず、一元化された制御とポリシーのセットにより、これを管理することができます。

IT部門の負担を最小化

データ所有者の方がITチームよりもファイルの詳細を把握している場合が多いため、当社のソリューションは誰がアクセス権を持つべきかを決定する権限を与えてくれます。

今すぐOffice 365の管理を始める

SailPointとOffice 365の詳細

今すぐ始める