実用的なアイデンティティの洞察でセキュリティを強化します。

2人のリーダーが協力することで何がもたらされますか。 1つはセキュリティ情報イベント管理(SIEM)で、もう1つはアイデンティティガバナンスのリーダーです。 セキュリティ侵害のリスクを大幅に軽減するのに役立つ実用的な洞察を得ることができます。

SailPointとSplunkの統合により、リスクを迅速に特定し、コンプライアンスの問題を特定し、ユーザーアクセス制御を強化するための適切な意思決定を行うために必要な情報が得られます。

  • アイデンティティコンテキストを使用してより正確なセキュリティ分析を取得する
  • Splunkを使用してIDポリシーを強化する
  • セキュリティ運用のノイズを減らす
  • セキュリティアラートに基づいてSailPointのタスクを自動化する

SailPointはどのようにOktaと連携しますか?

SailPointからSplunkへ: アイデンティティとコンテキストのアクティビティ。 SailPointへのSplunk: セキュリティコンテキストとインシデント。 SailPointとSplunkは、アラートと軽減機能を使用して、アイデンティティコンテキストを強化し、アイデンティティガバナンスタスクを自動化します

Oktaとの統合により、以下が提供されます。

コンテキスト

ID情報を行動分析と組み合わせて、潜在的な脅威と危険な行動をより適切に検出および調査します。

モニタリング

SailPointシステムログと監査イベントをSplunkプラットフォームに統合し、事前に構築されたダッシュボードを使用して、SailPointデプロイメントの状態を一目で確認します。

生産性

すべてのアクセスを一元的に表示して洞察を得、セキュリティオペレーションセンターのアナリストがさらされるノイズを大幅に削減して、より価値の高いタスクに集中できるようにします。

自動化

SailPoint統合により、アカウントを自動的に管理し、ユーザーアクセスポリシーを適用します。

アイデンティティコンテキストを使用して、より適切なセキュリティ決定を行います。

SailPointとSAPについての詳細をご覧ください。

今すぐ始める