適切なアクセス権を持つ役割を自動的に作成します。

適切なツールでユーザーを支援することは、企業が成功するために重要です。 そのため、適切なアプリケーションとデータにアクセスすることができる役割を作成するには、よりスマートな方法が必要です。

このような場合には、SailPointアクセスモデリングが最適です。 AIを使用して、ユーザー間の同様のアクセスに基づいて役割を提案し、各役割の正しいアクセス権が与えられるようにするための情報を提供します。

アイデンティティを初めて使用する場合でも、アイデンティティプログラムを強化したい場合でも、AIベースのアクセスモデリングにより、手動プロセスが排除され、ビジネスのニーズに合わせた新しい役割を作成することができます。

  • 「誰が何にアクセスすべきか?」 という問題に対応します。
  • 迅速かつ簡単に役割を構築します。
  • アイデンティティプログラムをすばやく開発します。

アクセスモデリングはどのように機能しますか?

役割を発見するためのアイデンティティのグループを選択すると、AI/機械学習アルゴリズムが組織内の潜在的な役割を識別し、それらを理解しやすいリストに表示します。 そこから、提案された役割を確認し、資格分析でそれらを微調整し、役割の定義とメトリックを保存して、HRや財務などのビジネスチームと協力して各役割を構築することができます。

SailPointアクセスモデリングは以下を提供します。

AIおよび機械学習

現在のユーザーアクセスを分析して、同様のアクセスグループを特定し、役割を提案します。

視認性の向上

すべての職務、場所、部門、アプリケーション全体で誰がアクセスできるかを確認します。

段階的なガイダンス

AIにガイドされたプロセスを使用して、推奨される役割を確認し、調整します。

クイックスタートアプローチ

AIが推奨する役割を使用して、アイデンティティプログラムを迅速に開発します。

AIで役割の作成を簡単にします。

SailPointアクセスモデリングについての詳細をご覧ください。

今すぐ始める