~購入プロセスを簡素化する、次世代のアイデンティティ・セキュリティを企業のセキュリティ基盤に提供~

企業向け アイデンティティ・セキュリティ のリーダーであるSailPoint Technologies Holdings, Inc.(ニューヨーク証券取引所: SAIL、以下「SailPoint」)は、お客様の変化し続けるビジネスに対応するため、アイデンティティ・セキュリティがどのように進化すべきかについて基準を示します。本日(米国時間2022年4月5日)発表する2つの製品スイートは、今日のアイデンティティ・セキュリティの中核となる新たな基準を示すものです。これら2つのスイートは、今までのアイデンティティ・セキュリティの基準を超え、次世代のアイデンティティ・セキュリティをお客様に提供します。SailPoint製品を基盤とすることで、企業はビジネスで必要とされるアイデンティティ・セキュリティプラットフォームへの自律的かつ効果的なアプローチをとることができます。  

SailPointが提供する新製品スイート  

SailPoint Identity Security Cloud Suitesは、企業を保護し従業員を支援するために必要なアイデンティティ・セキュリティのSaaSコンポーネントのパッケージであり、新規および既存のSailPointのお客様両方に対応しています。アイデンティティ・セキュリティ導入の初期段階の企業向けと、より高度なアプローチを導入している企業向けのオプションを提供するこのスイートには、以下が含まれます。 

  • SailPoint Identity Security Cloud Business―AIと機械学習で構築された、アイデンティティ・セキュリティ導入を始める際に不可欠な基本機能のセットです。
  • SailPoint Identity Security Cloud Business Plus―ハイブリッド・インフラストラクチャ全体においてアイデンティティを発見、保護、管理するためにAIと機械学習で構築された、総合的なアイデンティティ・セキュリティスイートです。

この2つのスイートによって、SailPointアイデンティティ・セキュリティ製品の購入が容易になり、SailPoint製品の導入開始からすぐに価値を得ることができます。 

SailPoint Identity Security Cloud製品のアップデート

SailPointは新しい製品スイートに加え、一連の新機能も発表します。現在のビジネスが直面している、増加し続けるテクノロジーへのアクセスに関連する脅威を防ぐためのツールを提供します。

SailPoint製品のアップデートは、AIおよび機械学習プラットフォーム革新に対する取り組みを示すものであり、以下を含みます。

  • Identity Outliers変則ユーザー): AIと機械学習分析を活用して、単一のダッシュボードで異常なユーザーを自律的に検出し、リスクの高いアクセスを見つけ出して是正します。ダッシュボード内で特定のユーザーを検索およびフィルタリングし、外れ値として検出されたユーザーのすべて、または特定のタイプを修正するために適切な対応をとります。 
  • Access Modelingロール権限定義): 企業のビジネスに最も大きな影響を与える新たなロール(役割)を自律的に構築します。提案されたロールおよびアクセス権限を参照することで効果的な意思決定を行えます。 
  • File Access Manager (ファイルアクセス管理: FAM): ファイルアクセス管理の機能と、全く新しいAIおよびNLP(自然言語処理)主導のプライバシーエンジンを簡単に統合し、非構造化リソース全体から個人情報データを取得できます。ファイルアクセス管理を使うことで、データ主体のアクセス要求や忘れられる権利の要件を迅速に自動処理することができます。

提供時期

SaaSスイート、およびSailPoint Identity Security Cloudの最新情報は、今月中に提供予定です。

米国最大プロパンガス販売会社であるAmeriGas社のアイデンティティ&アクセスセキュリティ担当マネージャー、クリストファー・マーティンは次のように述べています。

「AmeriGas社では、企業セキュリティはアイデンティティ・セキュリティにおける明確な基礎から始まるという考えから、チームを運営しています。SailPointを当社のアイデンティティ戦略の基本要素にすることで、より強固なセキュリティ体制を促進する、総合的でインテリジェントなアプローチを活用できます。それによって、ビジネスの全体的な目標に集中できるようになりました」

SailPointのワールドワイドオペレーション担当プレジデントを務めるマット・ミルズは次のように述べています。

「技術スタックのあらゆる側面において、すべてのアイデンティティを保護し管理することは、人間の能力では不可能です。また、単に安全なアクセスを提供し、コンプライアンスを確保するだけでは不十分です。今日のアイデンティティ・セキュリティは、自律的でインテリジェント、そして統合的である必要があります。このアプローチは、すべてのアイデンティティやアクセスポイントにおいて、お客様の全従業員を適切かつ効率的に保護するために、SailPointが提供する唯一のものです。これらの新しい製品スイートにより、SailPointはお客様の意思決定を容易にし、AIおよび機械学習主導の総合的なアイデンティティ・セキュリティへのアプローチを提供し、お客様と伴走して長期的な成功を実現します」 

SailPointのプロダクト担当エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるグラディ・サマーズは次のように述べています。

「過去2年間、顧客および見込み客との会話で、企業が抱える課題は非常に似ていました。現在のシステムは複雑で、信じられない速さでビジネスが動いており、可視化は不可能ではないにせよ困難ということです。SailPointはこの3つの重大な課題を強く意識しており、アイデンティティ・セキュリティへのアプローチにイノベーションを取り入れる方法を常に探究しています。今回の機能アップデートにより、お客様はアイデンティティ・セキュリティの導入において、はるか先に進むことができます。これまで何年もかかっていたアイデンティティ・セキュリティのプロセスや意思決定を、今ではほんの数分で達成することができ、その大部分において人が介入する必要ありません。これが次のレベルのアイデンティティ・セキュリティであり、お客様のビジネスを中核から保護します」

「リモートワークの恒久化、バーチャルオフィス活用など、企業はワークフォースモデルの再考を求められています。リアルとバーチャルの境界はますます曖昧になり、その結節点となるアイデンティティを適切に管理することが不正アクセスや情報漏洩といったリスクの低減に不可欠です。手作業で適切な人と適切なテクノロジーを安全に接続するには限界があり、人の作業を代替するだけでなく、リスクを事前に予期し対応できる自律型のアイデンティティ管理プラットフォームの構築が企業の競争力を左右します。Identity Security Cloud Suitesは、アイデンティティの可視化、監視、制御をこれまで以上に容易に実現し、日本企業のデジタルガバナンス強化に貢献します」

■SailPointについて 

SailPointは、アイデンティティ・ガバナンス管理サービスプロバイダーのリーダーで、企業にあるすべてのアイデンティティ(ID)を一元的に可視化し、ID管理業務の自動化を実現する、AIや機械学習を活用したクラウド型アイデンティティ管理ソリューションを提供します。SailPointのアイデンティティプラットフォームは既存のシステムやワークフローを統合し、企業の管理に伴う膨大な時間とコストを削減すると同時に、最小権限の原則の徹底によりコンプライアンス遵守や情報漏洩等のセキュリティリスクから守り、企業のデジタルガバナンスを強化します。SailPoint は、世界中の企業がアイデンティティ・セキュリティを基盤としたセキュリティの基礎を築くサポートをします。

詳細はhttps://sailpoint.com/ja/をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社井之上パブリックリレーションズ

SailPoint PR担当:野田、大浦、白川

TEL: 03-5269-2301 E-mail: [email protected]