アイデンティティ・ガバナンス管理の主要要素

多くの企業がここ数ヶ月の間にアイデンティティ管理や保護の変化を経験していますが、この変化は人の手で対応できる範疇を大きく超えています。アイデンティティ管理や保護を効果的に実施するために、企業は人工知能と機械学習を中心に据えて構成されたアイデンティティ・ソリューションにより、すべてのユーザーアクセスの検知、管理、制御をデジタルライフサイクル全体で自動化する必要があります。この自動化により、職務を遂行する上で適切なアクセス権がそれぞれのアイデンティティに対して付与されます。不必要なアクセス権は付与されません。

SailPointは、優れたインテリジェンスによりすべてのアイデンティティを保護し、円滑な自動化により労働力の生産性を高め、包括的な連携機能によりインフラ全体をつなげることが不可欠であると考えています。創設者でCEOのMark McClainとプロダクト担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのGrady Summersが以下の経済誌で自身の考えを語っています。 

ウォールストリート・ジャーナル:アイデンティティ情報を狙うサイバー犯罪者(Cybercriminals Are After Your Digital Identity) 

執筆者:Mark McClain

ここ数年間、企業のパスワード管理の脆弱性を突いたセキュリティインシデントがかつてないほどの多さで発生しています。残念ながら、この種の攻撃において、攻撃者が個人を特定できる情報を窃取し、企業のネットワークに侵入し、甚大な被害をもたらすケースがほとんどです。

フォーブス:企業にとって不可欠なアイデンティティ・セキュリティ(Identity Security: A Core Business Essential)

執筆者:Mark McClain

現在、人、テクノロジー、ビジネスを切り離すことはできません。この三者の接続点が常に安全であることを確認することは簡単に見えるかもしれません。ですが、多くの大企業が保有する「アイデンティティ」の数は、社員、契約社員から機械に至るまで、何千から何十万、何百万にもなります。今こそ、企業は労働力の生産性向上と保護のために、アイデンティティ・ガバナンス管理を最優先すべきです。

フォーブス:アイデンティティ・セキュリティの核心(What Is At The Core Of Identity Security Today?)

執筆者:Grady Summers

多くの企業が、今日の企業ニーズを満たせる設計ではない、時代遅れで拡張困難なテクノロジーを利用し、自社開発したソリューションやスプレッドシートなどの手動プロセスを駆使して、アイデンティティを保護しようとしています。こうした手法は絶え間なく進化する現代の環境において、有効ではありません。企業にはアイデンティティ・ガバナンス管理の核心に迫るソリューションが必要です。

SailPointのアイデンティティ・ガバナンス管理に対する取り組みを詳しく知る


Discussion