いつもユーザーに適切なアクセス権を

変化を避けることはできません。 従業員は色々な職務に異動し、新しい責任を引き受け、より多くのアプリケーションとデータを使用して仕事を遂行します。 組織の安全を確保し、監査の準備を整えるには、ボットを含むすべてのユーザーの適切なアクセス権を維持することが重要です。

SailPointは、ユーザーのアクセス権の棚卸とレポートを自動化し、ビジネスチームの承認管理を円滑化しながら、監査人を納得させます。

  • データセンター、クラウド、モバイルシステム全体でアクセス権棚卸をすばやく確認し実行する
  • AIによって生成された推奨事項を使用して、ユーザーのアクセス権の維持または取り消しが安全か否かを判断
  • 監査員に対してコンプライアンス管理が機能していることを証明する
  • 手動プロセスを自動レポートおよび承認ワークフローに置き換える

SaaS製品のポートフォリオ全体にわたる最新の機能と拡張機能について最新情報を入手してください。

アクセス権棚卸の仕組み

アクセス権棚卸の際、AIベースの推奨事項により、アクセスを許可または取り消す必要があるかを確認します。これは、グッドマークまたはバッドマークのアイコンで表示されます。 許可されるとアクセス権は自動的に調整され、今後の監査のため文書化されます。

SailPointでできること:

危険なユーザーの検知

ユーザーのアクセス権が過剰である可能性のある箇所を特定し、セキュリティとコンプライアンスを維持するために排除します。

複雑なスプレッドシートを排除

プロセスを自動化することにより、管理者はアクセス権棚卸と権限リクエストに簡単に対応することができます。

コンプライアンスの改善

ユーザーに仕事を行うために必要なアクセス権のみを与え、監査の問い合わせに対応し、コンプライアンスを維持します。

管理にかかる膨大な時間を削減

低リスクのアクセスを自動化して、組織を脆弱にする可能性のある高リスクアクセスに集中して対応できるようにします。

スマートなアクセス権棚卸でコンプライアンスを維持

SailPointアクセス権棚卸についての詳細をご覧ください。

今すぐ始める