テクノロジーおよびアイデンティティの専門家を対象としたグローバル調査

企業は、非構造化データの可視性の確保と制御に苦慮しています。多くの企業は、データ損失やアクセス侵害、コンプライアンス違反の罰則、犯罪行為による被害など、重大な問題をすでに経験しています。テクノロジーを管轄する部門は、全てのデータがどこにあるのかを把握しておらず、アクセス権が正しいかどうか確信が持てず、手作業に依存しています。現在のトレンドを把握するために、グローバル調査では、アイデンティティとテクノロジーに関わる管理職や役員を対象に調査を行い、データアクセスガバナンスの現状、リスク、改善点を明らかにしました。主な調査結果は、以下のとおりです。

42%

自社データの保存場所全てを把握できていないと認めている企業

99%

非構造化データへのアクセスの管理に課題があると報告している企業

76%

非構造化データに関する問題を経験している企業

企業が抱えているデータアクセスのガバナンスに関する今日の課題と、データリスクに対する保護体制を強化する方法については、本調査レポートの全文をご覧ください。