2歩先へ:Intelloの買収というSailPointにとっての重要な時期

今回の買収は、多くの理由から非常に重要です。まず最初に、2022年までに約90%の企業が、その事業運営をほぼ全面的にSaaSアプリケーションに依存するようになると推定されていることが挙げられます。もしSaaSアプリケーションがどこに存在し、誰がアクセス権を所有しているのかがわからないとしたら、一体どのように全てを保護できるのでしょうか?IntelloがSailPointアイデンティティプラットフォームに組み込まれることで、企業は全てのSaaSアプリケーションを検出し、既に他の重要なアプリケーションやシステムに対して行っているのと同様にアクセスを管理できるようになります。私達は、この現代社会で事業運営に関する要求に次々に応えているお客様に歩くことを強いるのではなく、走れるようにするために存在しているのです。

話が脱線しましたが、簡単に言えば、今回の買収がお客様の現在、そして未来に対して重要である理由は次の通りです。

企業では、社内にどのようなSaaSアプリケーションが存在し、それに対し誰が、あるいは何がアクセス権を所有しているかを可視化できない傾向が進んでいます。今日の従業員は、わずか1年前と比較してもはるかにSaaS中心となっており、誰が見てもこの傾向は強まっています。多くの企業ではデジタル化が長年にわたって進められてきましたが、新型コロナウイルスとグローバルでのリモートワークへの転換によって、企業のデジタル化が劇的に加速しました。最近あるCISOと会話したところ、彼らはオフィスでの業務を停止した際に十数個ものSaaSアプリケーションを急速に展開し、その結果、今では「SaaSの膨張」の影響を感じているとのことでした。

このようなリモートワークへの移行によって、よりスマートかつ迅速な業務遂行を追求する多くの従業員が、認可されていないSaaSアプリケーションをダウンロードして使用することを余儀なくされました。この動きは記録的な速さで、かつIT部門の監視がない中で進行しました(これが先ほど述べたシャドーIT、あるいはシャドーアクセスと呼ばれるものです)。

以上で状況が把握できたと思いますが、こうした動きの全てが、管理も保護もされていないSaaSの混沌とした世界を生み出す原因となっており、誰がどのSaaSアプリケーションに(そして何のデータに)アクセスできるのかがますます見えなくなるという新たな危険領域を引き起こしているのです。このITの新時代において、今日のクラウド企業を完全に保護する唯一の方法は、まず全ての隠れたSaaSアプリケーションを検出し、他の重要なビジネスアプリケーションに適用されているのと全く同じガバナンスコントロールを適用することです。

SailPointは、これをIntelloと共に実現します。

この買収を通じて、SailPointは、組織が管理されていないSaaSアプリにIDセキュリティの光を当て、それらのアプリに適切なセキュリティ、ガバナンス、およびコスト管理を拡張するのを支援します。 Intelloが顧客のために発掘したギャップ、つまり会社の電子メールを読み書きできる無許可の電子メールプラグイン、メッセージを読み取ることができるメッセージングプラットフォーム用のなじみのないプラグイン、または未使用のプラグインを見て、私はとても感銘を受けました。 セキュリティリスクをもたらすアクセスだけでなく、会社に月に数万ドルの費用がかかります。

過去10年間と同様に、今回の買収もまた、デジタル化された企業経営と、企業が規模拡大のために直面している要求を安全に実現するというSailPointの決意を示しています。2021年に入った今、私達は引き続きクラウドガバナンス製品を強化し、企業がこれらを実現できるよう支援することで、業界内でリーダーとしての地位を確立します。企業が現在、そして将来何が起きたとしても安全であるように支援するマラソンで、私たちはさらに2歩先に進みました。SailPointはお客様の一歩一歩の全てを支援するために存在しているのです。


Discussion