労働者がどこにいても自動的にアクセスできるようにします。

変化は組織内で起こり、唯一の不変のものです。 そのため、どこにいても必要なツールとアプリケーションを従業員に迅速に提供することが非常に重要です。 SailPointを使用すると、ユーザーアクセスのプロビジョニングが簡単かつ安全になります。 変更が発生したときにユーザーアクセスを自動的に調整・削除することにより、過剰な権限を回避し、リスクを軽減しながらコンプライアンスと生産性を向上させることができます。

  • 重要なアプリケーションすべてにアクセスできる安全なリモートワーク環境を実現
  • ツールを使用して新しい従業員をすばやくオンボーディングし、1日目が必要なアクセスを提供する
  • ユーザーが組織内の役割を変更すると、アクセスを自動的に変更または取り消す
  • ロールベースのプロビジョニングポリシーにより職務の分離を確保

自動化されたプロビジョニングの仕組みとは?

システムを通じて勤務者にロールが割り当てられると、そのロールベースのアイデンティティ管理ソリューションを使用して、アクセス権が自動的にプロビジョニングされます。 その勤務者がロールを変更した場合や組織から離れた場合、そのアクセス権は直ちに調整または削除されます。 

SailPointは次の支援を行います。

Day 1の生産性を達成する

自動化された直感的なアクセスにより、ユーザーはどこからでもすぐに作業を行うことができます。

IT効率の向上

チームが影響力の大きいITプロジェクトに集中できるように、定期プロビジョニングを自動化します。

ヒューマンエラーを防止する

コンプライアンスおよびセキュリティポリシーに基づいた自動プロビジョニングにより、タイプミスをなくします。

すべてのアクセスを表示

すべてのユーザーアクセスと資格の完全な組織間ビューを取得します。

リスクを軽減

セキュリティとコンプライアンスのリスクを軽減するために、常に正しい最小特権アクセスを確保してください。

アクセスと承認を検証する

詳細な監査証跡は、変更時でもアクセスがどのように処理されたかを示します。

安全なプロビジョニングを促進し、IT時間を節約します。

SailPointユーザープロビジョニングの詳細をご覧ください。

今すぐ始める