アクセス承認自動化でユーザーを支援します。

オフィスにいても、自宅で仕事をしていても、世界中を旅していても、ユーザーは新しいアプリケーションやデータにすぐにアクセスすることができます。 SailPoint Predictive Identity TMは、アクセス要求への対応を支援するAI推奨事項を提供し、ユーザーに管理権を与え、ITチームがより戦略的なプロジェクトに取り組むことを可能にします。

  • ユーザーがいつでもどこでも企業リソースへのアクセスできるようにする
  • 企業のアプリケーションまたはデータへのアクセス権を自動的に許可または拒否する
  • アイデンティティの監視により、より多くの情報に基づいてアクセス承認を決定する
  • 手動の反復プロセスを排除することにより、IT部門への負担を軽減

セルフサービス型の自動アクセス要求の仕組み

ユーザーが新しいアプリケーションまたは企業リソース(ネットワークドライブなど)にアクセスする必要があるときは、すべてのアプリケーションがリストされているダッシュボードに移動します。 ボタンをクリックしてアクセス権を要求することで、手動プロセスに頼ることなく、自動的にプロビジョニングされます。または、必要に応じてマネージャーにルーティングされて要求が承認されます。

SailPointでできること:

ユーザーの生産性を向上

適切なアプリケーションおよびデータへの自動アクセスにより、ユーザーは作業を中止してヘルプデスクチケットを送信する必要がなくなり、生産性を維持することができます。

IT部門の負担を軽減

アクセス権要求の許可や拒否などの日常的な業務を行う必要がなくなるため、ITスタッフは組織のより戦略的なプロジェクトに取り組むことができます。

セキュリティの改善

Predictive Identityは、AIによる推奨事項と、アクセスを許可しても安全か否かに関するガイダンスを使用して、より安全なアクセスに関する決定を下す上で役立ちます。

コンプライアンスの確保

SailPointを使用することで、継続的なコンプライアンス要件への対応が可能となり、監査前にコンプライアンスを証明するためのペーパートレイルを取得できます。

セキュリティと生産性を向上します。

SailPointの自動アクセス権要求についての詳細をご覧ください。

今すぐ始める