クラウドにおける最大の脅威をストップ: 不正アクセス。

ユーザーアクセスの適切な可視性と制御がなければ、組織はすぐにリスクに対して脆弱になります。 SailPoint Cloud Governanceは、Microsoft Azureクラウドプラットフォームとワークロードを検出して保護します。 AIと機械学習を使用して、ビジネスの速度を低下させることなく、アクセスを自動的に学習、監視、保護します

  • 誰がAzureとマルチクラウドインフラストラクチャ全体にアクセスできるのかを確認する
  • 特権アカウントと非特権アカウントの両方を保護する
  • 不審なアクティビティがないかユーザーアクセスをリアルタイムで監視する
  • 外部ネットワーク、ユーザー、サービスからの不正アクセスを防止

SailPointはMicrosoft Azureへのアクセスをどのように管理しますか?

当社のプラットフォームは、単一のダッシュボードを使用して、マルチクラウドインフラストラクチャ全体のすべてのリソースへのアクセスの包括的なビューを提供し、アクセスポリシーを簡単に適用できるようにします。 そして、AIの洞察を使用して、潜在的なリスクを検出し、より多くの情報に基づいたアクセス決定を行うことができます。

Azureアカウントへのアクセスを制御する

ユーザーアクティビティの監査、アクセスの自動検出、資格情報の作成の自動化、アクセスに基づくポリシーの自動化

AzureのSailPointガバナンス機能は、次のことに役立ちます:

アクセスを発見

すべての人間および人間以外のユーザーのアクセスロールとポリシー、およびIaaS環境全体のオブジェクトを検出することにより、誰がアクセスでき、どのように使用しているかを即座に確認できます。

アクセス管理の一元化

クラウド内のすべてのデータオブジェクトと特権アクションのアクセスと承認の制御をマップするリアルタイムグラフを使用して、インフラストラクチャへのアクセスを集中管理および制御します。

アクセスの自動化と実施

事前定義されたポリシーを使用して、リスクの低いアクセスを管理する時間のかかるタスクを削減し、ポリシーに従って常に自動アクセスが許可されるようにします。

資格情報リスクを軽減

キー、シークレット、パスワードのローテーションを自動化してセキュリティリスクを制限し、セッションを記録して監査証跡を維持します。

クラウドプラットフォームを検出、保護、管理します。

SailPointとMicrosoft Azureの詳細をご覧ください。

今すぐ始める