ハイブリッドIT環境におけるすべてのアイデンティティへのアクセスをセキュリティで保護

すべてのアプリケーションと共有ファイルへのアクセスを管理することは、複雑に思えます。 心配することはありません。SailPointが解決策を提供しています。

SailPointをMicrosoft Active Directoryと統合することで、すべてのアプリとファイル共有に関するアクセスをシームレスにプロビジョニングおよびプロビジョニング解除できるようになり、ITスタッフの負担が大幅に軽減します。 また、ユーザーの役割に応じてアクセスポリシーを設定することで、ハイブリッドIT環境のセキュリティとコンプライアンスを確保することができます。

  • 複数のドメインとフォレストにわたるアクセスを管理する
  • ポリシーベースのアクセス管理でセキュリティとコンプライアンスを維持
  • 自動化されたセルフサービスで効率を高め、ITコストを節約

アクセスのプロビジョニングとプロビジョニング解除を簡単に行う

Microsoft AD

SailPointはどのようにMicrosoft Active Directoryと統合されますか?

SailPointはMicrosoft Active Directoryデータをインポートして、アイデンティティプロファイルの管理に役立てます。 標準の統合により、集中管理ダッシュボードを通じて操作アクティビティを管理することができます。これには、パスワードの管理も含まれます。

権限ソース

SailPointおよびMicrosoft ADの方法図

プロビジョニング

SailPointおよびMicrosoft ADの方法図

パスワード管理

SailPointおよびMicrosoft ADの方法図

Microsoft Active Directoryとの統合により、次のことが可能になります。

すべてを単一の集中ビューか ら管理する

中央コンソールから、ユーザー、グループ、メールユーザーの複数のドメインまたはフォレストを管理します。

ユーザーアクセスをすばやく調整する

従業員の入社や退職、その間のすべてのアクセスを許可したり、取り消したりすることが簡単にできます。

アクセスの管理とガバナンス

定義されたアクセスポリシーに準拠しているという確信をもとに、アプリケーションへのアクセス承認を合理化します。

変更があったことを把握する

オブジェクトのアクション、ポリシーの変更、アカウントのロック、グループポリシーの変更など、Microsoft Active Directoryで何かが変更されたときに警告を受け取ります。

アクセス承認を合理化し、チームの負担を軽減する

SailPointとMicrosoft Active Directoryの詳細

今すぐ始める