AIと機械学習でID(アイデンティティ)ガバナンスを可能に

ID(アイデンティティ)を一元管理

IDを
一元管理

権限情報を可視化

権限情報を可視化

一連の業務を簡素化

一連の業務を簡素化


SailPointのクラウド型統合ID管理システムSailPoint IdentityNowは、IDを中心に設計された管理システムです。オンプレミス、クラウド、メインフレームに存在する各種ID情報を集約し、人を中心に関連付けを行うことで、SailPoint独自のアイデンティティ・キューブを形成します。取り込まれたIDに付与されている各種アクセス権限は、個々に取り扱うのではなく、複数のアクセス権限を束ねたロールの概念を取り入れることで、効率よくすべてのアプリのID管理を行います。

ID管理がセキュリティの中核を担う

SailPoint IdentityNowの仕組み

ID管理SailPoint IdentityNowの概念図

企業が管理するユーザーIDは、従業員、契約社員、協力会社、ボットと多岐に渡ります。彼らが使用するデバイスやアプリ、ITリソースへのアクセス制御情報は複雑で、マニュアル作業に依存しない管理システムが求められます。

クラウド型統合ID管理システム
“SailPoint IdentityNow”の仕組み

SailPoint IdentityNowは企業の新しい働き方に対応

オフィス勤務からテレワークへ

オフィス勤務からテレワークへ

オンプレミスからクラウドへ

オンプレミスからクラウドへ

会社支給端末からBYOD(Bring Your Own Device)へ

会社支給端末からBYOD*へ


ID(アイデンティティ)と従業員が新たなセキュリティ境界に

企業はこれまで社内のネットワークというファイアウォールを構築することで、外部からのサイバー攻撃を防御してきました。出社を前提としていたセキュリティ対策は、IT環境の変化に伴い新たな対応が求められています。セキュリティの境界線が社内ネットワークから従業員が保有するID(アイデンティティ)に変わると、企業はサイバーセキュリティ対策を根本的に見直す必要があります。

*BYOD:Bring Your Own Deviceの略。私物利用端末のこと。

あらゆるリソースと連携

100種類以上の標準コネクタおよび連携モジュールにより、国内アプリを含むほぼすべてのアプリケーションやデータソースと連携できます。独自システムも、汎用コネクタで接続が可能です。

コネクタ一覧

SailPointのID管理システムを導入した企業

ID管理システムで企業を守る

今すぐお問い合わせ

*必須フィールド