適切なアクセスを適切なタイミングで、自動的に有効にします。

従業員が作業を遂行するには、テクノロジーに素早くアクセスする必要があります。そのため、迅速かつ適切なアクセス権の提供が不可欠であり、これは生産性とセキュリティのバランスを取るための重要な要素になります。しかし、過度なアクセス権(オーバープロビジョニング)は、組織を深刻なセキュリティリスクにさらす可能性があります。

SailPointは、設定されたポリシーに基づいて、アクセス権をプロビジョニングする完全に自動化されたアプローチを提供します。ITチームに、すべてのアクセス権をリアルタイムで監視・管理するための完全な可視性を与えます。

  • アプリとデータへのアクセス権のプロビジョニングを自動化することで、初日から生産性を最大化
  • ユーザーのロール変更時、新しいプロジェクトの開始時、あるいは離職する時に、アクセス権を自動的に調整
  • セルフサービスによるアクセス権申請と、アイデンティティベースのポリシーから構築された、自動化されたアクションをユーザーに提供
  • ビジネスマネージャーに対して、アクセス権付与の安全なタイミングを示すAIによる推奨を提供
  • 各ユーザーのアクセス権が常に適切に付与されており、コンプライアンスが確保されていることを保証

SailPointの強み:

効率性の向上

IT部門は、自動化によって大量のアクセス権の変更と申請を効率的に管理できます。

生産性の最大化

従業員が必要とするビジネスツールへのアクセス権を、まさに必要なタイミングで提供します。

可視性とインテリジェンスの向上

組織全体のアクセスを監視しながら、危険なアカウント、使用されていないアカウント、休眠または孤立のアカウントを特定して、デプロビジョニングします。

セキュリティの強化

潜在的なリスクを瞬時に発見する内蔵の機械学習ツールにより、すべてのアクセスが確実に適切なポリシーに従うようにします。

SailPointでアクセス権をセキュアにプロビジョニング:

SailPointライフサイクル管理の詳細をご覧ください。

*必須フィールド

このフォームを送信することにより、お客さまは、SailPointのWebサイトの使用に、 SailPoint Technologies のプライバシーステートメントが適用されることを理解し、これに同意したことになります。