ライフサイクル管理とは

ID(アイデンティティ)管理におけるライフサイクル管理とは、ユーザーの雇用状況や職務に応じて、ITリソース上の属性やアクセス権を管理することです。例えば、入社、異動、昇進に応じて適切な権限の割り当てを行い、退社や雇用契約の終了によってIDの削除を実施する一連の管理・運用業務を指します。

SailPoint IdentityNow
ライフサイクル管理の導入メリット

プロビジョニングを自動化し入社初日からスムーズに業務開始

プロビジョニングを自動化し
入社初日からスムーズに業務開始

ユーザーのロール変更/退職時にアクセス権を自動的に変更、削除

ユーザーのロール変更/退職時に
アクセス権を自動的に変更、削除

アクセス権が適切に付与されコンプライアンスを順守

アクセス権が適切に付与され
コンプライアンスを順守

SailPointのライフサイクル管理は、ユーザーの雇用状況などのライフサイクルの変化に応じて、適切なタイミングで必要となるアクセス権を自動的に付与します。過度なアクセス権の付与(オーバープロビジョニング)を防ぎ、セキュリティと生産性のバランスに寄与します。

ライフサイクル管理を導⼊した企業

今すぐお問い合わせ

*必須フィールド