アクセス権のプロビジョニング前にリスクを回避

SAP ERPやSAP Success Factors、S/4HANAなどの重要な基幹システムへのアクセス権の組み合わせが不適切な場合、企業にとって重大な脅威となり得ます。複数のシステムに対する縦割り型のアクセス管理と統制を行うと、不要なリスクを招くことになります。

企業向けアクセスリスクガバナンスのアイコン

1つのソリューションで複数のシステムに対応:包括的な企業向けアクセス保護

SailPoint Access Risk Managementは、リアルタイムのアクセスリスク分析を自動化し、GRCプロセスを簡素化して、ユーザーにアクセス権を付与する前に潜在的なリスクの特定もします。

SailPointのアイデンティティプラットフォームなら、アクセスリスクのあらゆるガバナンス機能を一元管理できます。

  • 統合型リスク管理包括的でシームレスなGRCおよびアイデンティティ保護を実現
  • Enterprise-wide Visibility: Get a complete view of all SoD violations, including risk simulations across applications, before access is even provisioned
  • コンプライアンス:GRCプロセス、アクセスレビュー、緊急時のアクセス管理を合理化し、監査の不備やコンプライアンス違反を軽減

不適切なアクセスのリスク

企業が詐欺行為によって損失する年間売上高はおよそ5%。1

内部脅威の86%は、従業員による不正行為および過失が原因。2

  1. 『Report to the Nations: 2020 Global Study on Occupational Fraud and Abuse』(2020年度版 職業上の不正と濫用に関する国民への報告書)、ACFE
  2. 『2020 Cost of Insider Threat Global Report』(内部脅威による損失グローバルレポート)、Ponemon Institute

SailPointはここが違う

継続的なアクセスリスク分析

複数のアプリケーションをまたぐSoDの競合をすばやく特定し、是正措置の推奨を行います。

アクセス権のプロビジョニングを合理化

場所や時間を問わず、アクセス権の承認をすばやく行い、プロビジョニングの前にリスクをシミュレーションします。

棚卸の自動化

エンドツーエンドの自動化と監査対応のレポート機能により、アクセスレビューを簡素化します。

リアルタイムのアイデンティティガバナンス

AIを活用したリアルタイムの、全てのデジタル・アイデンティティに対するガバナンスにより、アクセス管理に変革をもたらします。

完全クラウド。迅速なデプロイ。そして全て自動化。

SailPoint Access Risk Managementの詳細をご覧ください。

*入力必須

このフォームを送信することにより、お客さまは、SailPointのWebサイトの使用に、 SailPoint Technologies のプライバシーステートメントが適用されることを理解し、これに同意したことになります。