2022年4月20日

サイバーリスクを管理し、絶え間なく変わるビジネス環境下での課題に対応するのが、今ほど困難な時はありません。このような課題として以下が挙げられます。

  • 在宅勤務者と社員以外の関係者の急増
  • 今まで以上に管理・保護が必要な、ユーザー、人以外のエンティティ、デバイス、情報源の種類の増加
  • 堅調に進む多様なクラウドインフラ、ハイブリッドインフラへのアプリケーションとワークロードの移行
  • アイデンティティ・モデルが異なるクラウドサービス(継承するロールや権限がより多い等)

全文をご覧いただくには、下記よりダウンロードが可能です。

関連記事