最新のサイバーセキュリティ侵害の影響は驚異的です。何十億人ものIDや機密データが漏洩し、従来のセキュリティでは問題を解決できないことは明らかです。

最新の調査によると、企業5社のうち3社が侵害を受ける可能性があると回答しています。

アイデンティティ戦略には以下を含める必要があります。

  • 役割、資格、適合性、SODポリシーおよびリスクのIDガバナンス制御
  • 従業員、請負業者、ビジネスパートナー、RPA /ボットを含むすべてのIDのライフサイクル自動化
  • 資格情報管理と強力/多要素認証
  • 特権アカウントと資格管理
  • 一元化されたアプリケーションアクセスとセルフサービスフルフィルメント
  • アクセス認証、監査、およびレポート

全文をご覧いただくには、下記よりダウンロードが可能です。

関連記事