“Everybody In”:ゼネラルモーターズがアイデンティティ・セキュリティで実現する自動車体験

筆者:Katherine Cola

100年以上にわたり自動車製造に携わってきたゼネラルモーターズ (GM) は、進化するセキュリティ課題に取り組むため、うまくビジネスを適応させています。同社のアイデンティティアクセス管理ディレクターのTray Wyman氏が、アイデンティティ・セキュリティが組織の戦略において果たす重要な役割について語ってくれました。

ID棚卸疲れを極力減らし、新規採用/異動/退職を自動化し、リモートワーカーにコラボレーションとセキュリティを確実に提供することがカギとなっています。また、GMはデータベースに基づいた意思決定を行うため、ビッグデータと人工知能に投資を続け、SailPointと組んでリスクに基づいた承認の自動化に取り組んでいます。

GMが電気自動車や自動運転車に重点的に取り組む中、アイデンティティの重要度は一段と増しています。以下の動画で、Wyman氏がアイデンティティ組織としての目標とアイデンティティ・プログラム成功のために強固な基盤を構築する秘訣について説明しています。


Discussion