機密データが保存されている場所を正確に特定し、アクセスを保護する

コラボレーションとコンテンツ管理のための優れたツールであるMicrosoft SharePointでは、機密データを含むファイルをどのように保護できますか?

それは、そのデータがどこにあるかを把握することから始まります。 SailPointを使えば、機密データがある場所を特定し、それらのファイルへのアクセスを簡単に許可したり、取り消したりすることができます。 また、問題が発生する前に疑わしいアクティビティについて警告し、セキュリティへの予防的なアプローチをとることができます。

正しいファイルアクセスを検証する

SharePointの例

SailPointはどのようにSharePointと統合されますか?

SailPointは、SharePointのデータと権限を収集して分析し、機密データを特定して、誰にアクセス権を与えるかを決定します。 また、セキュリティを維持するため不適切なサイトアクセスについて警告することもできます。

データの発見と分類

SailPointとDropboxの統合図

権限分析

SailPointとDropboxの統合図

アクセスの監視とアラート

SailPointとDropboxの統合図

SailPointでできること:

アクセス権限を
適切に管理する

誰が何にアクセスすることができるかを定期的に分析することで、セキュリティリスクを軽減し、コンプライアンスを維持することができます。

データの可視性を
拡大する

SharePointに存在するPIIデータを見つけるために事前に設計された、すぐに使えるポリシーを活用して、機密データを識別して分類します。

アクセスを合理化する
承認プロセス

アクセス要求とプロビジョニングを自動化して、SharePointのユーザー、サイト、グループ、エンタイトルメントの管理をこれまでにないほど簡単かつ迅速にします。

ハイブリッド環境をサポート

データセンター内にあるか、Office 365にあるかに関わらず、一元化された制御とポリシーのセットでSharePointを統制します。

適切なユーザーが
適切なデータにアクセスできるようにする

データ所有者がファイルへのアクセス権を持つべき人物を決定できるようにします。

不適切なアクセスの監視

SharePointやその他のクラウド、オンプレミスアプリケーションでのユーザーの異常なアクセス動作についての警告を受け取ります。

機密データを保護することは、成功と評判を守る上で重要な要素です。 SailPoint File Access Managerを使用することで、脆弱性のあるファイルを特定し、それがオンプレミスでもクラウドでもユーザーアクセスを制御できます。 ユーザーのアクセスを統制し、ポリシー違反を検出することでいつでも監査に対応できる必要なツールを入手する

詳細を見る

機密データにアクセスできるユーザーを管理する

SailPointとMicrosoft SharePointの詳細

今すぐ始める