Dimensional Researchが実施した、企業幹部およびガバナンス専門家を対象としたグローバル調査

74%

2社以上のIaaSプロバイダを利用している

97%

IaaSのアクセス管理で問題に遭遇している

45%

サイバーセキュリティ攻撃に対処したことがある

現在のクラウドインフラストラクチャ(IaaS)の利用状況と管理の実態を理解するために、IaaSのコンプライアンスとガバナンスに直接携わっている企業幹部およびガバナンス専門家を対象とした調査を行いました。

本レポートでは、グローバル規模の調査によって明らかとなった、IaaS環境における現在の課題やリスク、今後の対応とともに、IaaS環境でのアクセスやガバナンスの管理に使用しているツールについて確認します。

「IaaSクラウドインフラストラクチャのセキュリティおよびガバナンス状況(2020年9月)」レポートをダウンロードして、以下のような重要な調査結果をご確認ください。

  • 企業は意識的に、2社以上のIaaSプロバイダを利用している
  • セキュリティ、コンプライアンス、監査の課題は、可視化とコントロールの欠如によって悪化している
  • ガバナンスおよびアクセスのプロセスが欠如している