過剰な権限によるリスクを回避し、IT部門のために可視化や実施を促します。

実際に見えないものを保護することはできません。

Oktaにより、安全なシングルサインオン(SSO)を介してすべての従業員とすべてのアプリケーションは接続されていますが、SSOを使用するだけでは、過剰なアクセス権限や潜在的なアクセスの死角になる可能性があり、脆弱性が残ります。

自動化されたアクセスポリシーとガバナンスを使用して、SailPointはOktaとシームレスに統合し、組織全体のすべての人へのアクセスを表示・制御する機能を提供します。

  • 違反につながる可能性のある過剰なエンタイトルメントを防ぐ
  • クラウドとオンプレミスの両方で、すべてのアプリとデータへのアクセスを制御するために可視化する
  • 有害なアクセスの組み合わせを排除し、ユーザーが本来持つべきでないデータにアクセスできないようにする
  • ポリシーに対するコンプライアンスとすべてのアクセスの完全な監査履歴を実施

Okta統合の利点は何ですか?

SailPoint Predictive IdentityTMをOktaをと統合するとで、アイデンティティプログラムを従来のアクセス管理からインテリジェントなポリシーベースのアイデンティティ管理に進化させることができます。 つまり、各ユーザーが仕事をする上で実際に必要なものに応じてアクセスをプロビジョニングします。 ロールが進化するにつれて、権限も自動的に変化していきます。

真に最小限の特権のセキュリティとコンプライアンスには、自動化されたアクセスポリシーとガバナンスが必要で、ユーザーが仕事に必要な適切な量のアクセスのみを確実に取得できるようにする必要があります。

AIと機械学習を使用することで、リスクの高いユーザーアクセスを特定し、組織全体へのアクセス配信を加速・自動化し、アクセスポリシーを常に最新の状態に保つことができます。当社のプラットフォームでは、SalesforceやSAPなどの特定のアプリケーションまたはシステム内でユーザーがアクセスできる内容を指定することもできます。これにより、ユーザーは自分に該当する情報のみを表示してアクセスすることができます。

SailPoint-Okta統合は以下を提供します:

適切なユーザーアクセス

ハイブリッド環境全体で機密性の高いアプリケーション、システム、ファイル共有、クラウドインフラストラクチャにアクセスできるユーザーを完全に制御します。

インテリジェントなライフサイクル管理

従業員、協力会社、パートナー、サプライヤー、ボットを含むすべてのユーザーアクセスを一元管理し、役割の変化に応じてアクセスを自動的に調整します。

迅速なロールモデリング

AIと機械学習を使用して、アクセスの統制方法と更新方法を決定する役割とポリシーをすばやく特定して作成します。

ポリシー主導のアクセス

職務分離を含むルールとポリシーを使用して、アクセス違反、過剰な権利を持つユーザーのリスク、インサイダー詐欺を防止します。

24時間年中無休、セルフサービス

ポリシーベースのセルフサービスアクセス要求とパスワード管理により、ヘルプデスクへの問い合わせを減らし、生産性を向上させます。

リスクの可視性

事前に作成されたダッシュボードとピアグループ分析を使用して、危険なアクセスと外れ値を即座に識別して修正します。

自動アクセスの推奨機能

AIに基づく推奨機能を使用して、アクセスを承認しても安全かどうかを確認します。

監査対応レポート

アクセスの詳細な監査履歴を分単位で生成することにより、コンプライアンスを実証します。

  1. Gartner, Data Center Journal. https://www.forbes.com/sites/forbestechcouncil/2018/08/09/the-one-cloud-security-metric-every-ciso-should-know/#33dd1f7f5375

基本的なアイデンティティ・アクセス管理だけでは、組織を安全に保つには不十分です。

SailPointとOktaを統合して、完全な可視性と制御を実現する方法をご覧ください。

今すぐ始める