現代の先進的な企業組織は、競争力を維持するために継続的に進化する必要があります。 この進化、つまりデジタルトランスフォーメーションは機会を生み出しますが、セキュリティとコンプライアンスにも影響を及ぼし、適切に対処しないと、お客様を含む組織のあらゆる部分に影響を及ぼします。 デジタルトランスフォーメーションが今日の企業の形を変え続けているため、組織はデータがどこにあるかに関係なく、データの保護と安全性の確保に引き続き注力することが重要です。

これがもたらす多くの利点と同時に、多くの関連する課題もあります。 組織がますます多くのクラウドシステムを導入する一方で、メインフレームに戻るレガシーオンプレミスシステムを維持するために、IT部門はペースを維持するのに苦労しています。 この負担に加えて、組織は何百ものハイブリッドアプリケーションに何千人もの数千のユーザーを登録して管理しなければならず、最も重要なことは、承認のためには単なる形式的な手順ではなく、それが正しいアクセスであることを証明する必要があります。 これに加えて、厳格なコンプライアンスを必要とする既存および新規のデータプライバシーおよび業界規制を、関連する厳密な監査とともにすべて追加します。

デジタルトランスフォーメーションの変革行程をうまくナビゲートしている組織は、アイデンティティへのよりインテリジェントで自動化されたアプローチに基づいて構築された安全な基盤の作成に注力する必要があります。 SailPoint Predictive Identityに基づいて構築された安全な基盤を作成することにより、すべてのユーザーが自分の仕事を行うために必要な適切なアクセス権を確実に持つことができます。 AIと機械学習の力を活用することで、SailPoint Predictive Identityは組織の変化に応じて学習および適応し、ユーザーに推奨事項を提供して、アクセスを許可しても安全かどうかをユーザーが判断できるようにします。 また、クラウドから配信されるため、IT部門によるメンテナンスや頭痛の種となる要素がありません。

SailPoint Predictive Identity のメリットは、ビジネスをより俊敏にして競争力を高めることで、リスクとセキュリティに対処するだけではありません。これは、実際の具体的なビジネス成果とROIにつながります。 SailPoint Predictive Identityが提供する4つの主要な管理方法は次のとおりです:

1 情報に基づいたアイデンティティの決定を行う

ビジネスとIT環境は絶えず進歩していますが、それはまた、これまで以上に多くのIDデータ、手動プロセス、および意思決定の必要性を意味します。 SailPoint Predictive Identityを使用すると、IDプログラムを最新の状態に保ち、変更を予測することもできます。アクセスを管理するために、より積極的で情報に基づいたアプローチを取るのに役立ちます。

  • アクセスが安全に許可されるかどうかのガイダンスを提供するAI主導の推奨事項を使用して、スマートなアクセスに関する意思決定を行います
  • ユーザーの論理グループとそのアクセスに基づいて役割をモデル化することにより、IDプログラムをすばやく定義および形成します
  • ピアグループモデルを使用して、不適切または特権を超えたアクセスの隠れたリスクを特定します

2 データノイズをカットします

今日のIT環境は、組織が管理しなければならないユーザー、アプリケーション、およびデータの数と多様性を考えると、非常に複雑です。 適切なユーザーが組織全体の適切なシステムとデータにアクセスしているかどうかを判断するために、IDチームとビジネスチームがIDデータとパターンを手動で分析していては間に合いません。 AIと機械学習を利用したSailPoint Predictive Identityを使用すると、組織はすべてのIDデータを視覚的に分析、制御、および解釈できます。

  • ハイブリッドインフラストラクチャ全体のすべてのアプリケーション、システム、ファイル共有、およびクラウドインフラストラクチャにアクセスできるユーザーとアクセスするユーザーを一元的に表示します
  • 時間の経過とともに行われたアクセス変更の履歴追跡により、フォレンジック検出を高速化します
  • インテリジェントな推奨事項を使用して安全に自動化できる反復的でリスクの低いタスクを特定することにより、IT部門の負担を軽減します

3 適応し、コンプライアンスを先取りする

組織の成功には、コンプライアンスに準拠した方法でビジネスが実行されるようにすることが重要です。 強力な内部統制を実装し、それらに対して報告できるようにすることで、組織が、SOXHIPAA、GLBA、および GDPRなどのような業界規制に準拠し続けることができます。 SailPoint Predictive Identityは、統制の実施、監査人へのコンプライアンスを実証する機能を可能にし、時間、労力、およびコストを大幅に節約します。

  • 1人から多数のユーザーに対して定期的なコンプライアンスチェックを簡単に実行し、アクセスが常に準拠していることを確認することで、監査人による監査の実施前に監査上の不備を見つけます
  • AIの推奨事項で認証ラバースタンプを停止します。 これは、ビジネスマネージャーがアクセスを承認しても安全かどうかを知るのに役立ちます
  • 監査人に、誰が、何を、いつ、なぜ、組織全体でアクセスすることになるのかの詳細を提供することによって、監査上の問い合わせに完全に対応します

4 危険な行動とユーザーを積極的に特定する

SailPoint Predictive Identityは、ITインフラストラクチャ全体に深く拡張され、新しいセキュリティポリシーを形作るための有益な洞察を収集して提示します。 これは、読みやすいダッシュボードからアクションを実行できる豊富なIDデータと使用状況を収集して相互に関連付けることによって実現できます。 また、常にオンになっているため、ユーザーのリスクレベルをリアルタイムで監視および表示し、リスクをもたらす可能性のある異常をすばやく見つけることができます。

  • ハイブリッドインフラストラクチャ全体で見つかったすべてのアプリケーション、システム、ファイル共有、およびクラウドインフラストラクチャにアクセスできるユーザーとアクセスできるユーザーを一元的に表示します
  • 従業員が役割を変更するときに、アクセスが自動的に調整/削除されるようにします。これにより潜在的な脅威をもたらす可能性のある過剰な権限を排除します
  • ピアグループモデルを分析して異常または不適切なアクセスを特定することにより、セキュリティリスクを軽減します

SailPoint Predictive Identityの利点を組み込むことによって、組織は、デジタルトランスフォーメーションにおける進化する課題に対応するための準備を整えることができます。 これにより、組織はより速く動き、機敏になり、従業員、パートナー、お客様のニーズに安全で準拠し、効率的に対応できるようになります。 SailPoint Predictive Identity 混沌とした状況を打破し、コントロールを取り戻します。

SailPointが組織にどのように役立つかをご覧ください。

*必須フィールド

このフォームを送信することにより、お客さまは、SailPointのWebサイトの使用に、 が適用されることを理解し、これに同意したことになります。